スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

裏情報

裏情報・・・


●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
稼げるアフィリエイト秘密の講座 
   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●

先日、アフィリエイトブログのネットサーフィンをしていて、
気になった点がありますので今週はそれを紹介いたします。


1)現金化サービスと代理店募集の広告が同ページに掲載されている

極端に言えばこれは訪問者に対して

「あなたが申し込めば、私に高額報酬が入るので、ぜひ申し込んでください」

と言っているようなものです。

ユーザーがせっかく素晴らしいデザインと紹介文に触発されて
申込をしようと思っても、それが「高額」報酬のアフィリエイト広告である
ことを意識されてしまっては台無しです。

少し慣れたネットユーザーなら代理店ページからではなく、
直接かね福のサイトから申し込んでしまうかもしれません。


代理店募集をするのであれば、現金化サービスの広告ブログとは別に、
お小遣い系のブログなどを開設して宣伝した方が効果があります。

但し、

「代理店に登録してから申し込むと報酬も貰えてお得です」

といった訴求などで、子代理店報酬を狙うのであれば例外となります。



2)クリックできない文字を下線や青文字で強調している

一般的な認識として、ページ上の下線文字と青い文字は、
クリックできる文字(リンク)であるとされています。

ユーザーがテキストに興味を持ちカーソルを合わせたのに、
それがクリックできないとなると、その行動は徒労に終わることなります。

その逆に、テキストリンクに下線が引かれていなかったり、
本文と同様の文字色を使用していると、
ユーザーはリンクだと認識することができません。

このようにユーザーを少しでも戸惑わせてしまうと、ストレスを与え、
ユーザビリティー(使い勝手)の悪いサイトという認識を持たれて、
サイトから去られてしまうこととなりますので、注意しましょう。


3)リンク先が間違っている

リンク先が間違っていたり、リンク切れもユーザーにストレスを与えます。

ユーザーはリンク先に有益な情報があるという期待を抱いてクリック
をしているので、これらはユーザーの期待を裏切ることと
同じことになりますので、これも注意が必要です。



このようなちょっとした気遣いが、

「サイトへの信頼」→「広告への信頼」→「申込」

へと繋がっていくものです。

ぜひ、ユーザーの立場に立ってみて、
ユーザービリティーの向上を目指してみてください。


●○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アフィリエイター救出作戦
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○●

ぜんぜん稼げないアフィリエイターを救出せよ!

かね福アフィリエイト無料支援プログラムのご紹介です。

ブログの作成マニュアルや自動テキスト作成ツールなど、
かね福の宣伝に役立つツールを無料提供!

検索エンジン300サイト無料登録も実施中!

アフィリエイトの質問などもお気軽に!

↓↓↓↓今すぐチェック!
http://www.zakuzaku.jp/






これから年末に向けて金融は大忙しになるであろう。・・・と云う事は???

スポンサーサイト

2007年11月08日 裏情報 トラックバック:- コメント:-

<< 代理店募集 | カードのショッピング枠がキャッシングへTOP | link >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。